2007年06月27日

『しょうが』長い眠りから、やっと覚めました

k0627syouga.jpg
どうしたのかな?うんともすんとも、しまいにゃ雑草に占拠されちゃって、もうだめか。と半分あきらめていたんです。正直な話。
だって、種しょうがを植えたのはゴールデンウイークは5月4日ですから。40日以上も経過しているのです。

ウチの家内に、これを見せても、どれがしょうがなの?フーん、てな具合でとんと興味がないのですが、コレ、しょうがですよね。
雑草に負けじと、ショウガ植えたコーナーのあちこちで、同じ形状の芽を本日朝確認したので、しょうが、であると私は勝手に決めてしまいました。

今さっき本で調べたら、新しょうがが収穫できるのは、9月に入ってからとある。まだまだですね。それまでは、スーパーで買ってきた、谷中で我慢しますか。


posted by おつまみ at 08:19| Comment(1) | TrackBack(1) | しょうが | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

『雪美人』収穫3回目。大成功のおつまみ

200706241709000.jpg
ブログには載せませんでしたが、2回目に収穫した『雪美人』でとあるメニューを作ってみました。を白同士で、きれいじゃないか、美味しくできるんじゃないか。とホワイトシチューを作った(といっても市販のルーだけど)のです。

やっぱりカブとは違いました。思わず、まずっ!

なので、今回のおつまみは、自分自身のリベンジのつもりで作りました。

名づけて『佃美人』

しそ昆布の佃煮で合えたので、こんな名前に。どうですか!雪美人ならぬ、佃美人。
k0625otumami.jpg
作り方は、まず、収穫した雪美人の中から、とくに美しい三本を選んでキレイに洗います。土がところどころ付いてますので、歯ブラシでゴシゴシがよろしいようで。次は、スライサーで輪切りにしまして。塩小さじ1のあら塩でもんで、しばらく(20分くらい)おいて。
ぎゅっぎゅっと絞れば、塩もみ雪美人のできあがり、ですが。昆布の佃煮に登場してもらい会えます。

これが、想像以上においしい。

雪美人の辛味と、昆布の甘さと、シソの香りの渾然一体の旨さ!

しかも、雪美人の歯ごたえも、これまたいい。

とりあえず、何でも作ってみることですね。


posted by おつまみ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ&レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

問題です。ひょうたん型の、この種、わかる人っ?

k0624tane.jpg

ヒント@:家庭菜園の入門といっていいベジタブル。プランターなど小さなスペースでも、作れるかわいい野菜です。


これで、わかる人はかなり通。

ヒントA:赤いものが多い。白い種類もあります。さて、何でしょう?

これで、ずいぶんの人がわかったのでは、ないでしょうか。

ヒントB:飾り包丁を入れてサラダにすることが、やはり多いでしょうか?

これで、ほとんどの人がわかったのでは・・・・。

ヒントC:早く収穫できることから、二十日の名前が付いてます。

答えは、ラディッシュ=二十日大根です。
作られた人は、よくわかると思いますが、成長が早い分、仕事でしばらく畑に行けないと、ぐんと大きくなってしまう。その時は、もう食べるのに適した大きさをはるかに超えた、ビッグサイズになっていると。なかなか、こんどは抜くのにも勇気がいるんです。
ここまで大きくなったのに、抜いちゃうのもなんだなあと。それで、尚放っておくと、白い花が咲いてやがてこうなるのです。

種、収穫します。


posted by おつまみ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飲みやすい。けど個性がない。といったとこでしょうか『金麦』

k0624kinmugi.jpg
タレントの檀れいが出演しているCMで話題の、第3のビール『金麦』飲んでみました。もうこの手の評論はいろいろなところで、されていますが。私が思うに、生ラーメンvs即席乾麺、レギュラーコーヒーvs缶コーヒーの議論をしているようにも思うときがありまして。

缶コーヒーは永遠にレギュラーコーヒーになれるわけじゃない、といっしょで。
この第3のビールの中では、おいしかったね。という結論に持っていかないと、ラチがあかない。
なので、ビールとは比べない、というのが正しい評価ではないでしょうか。

飲んだ感想、

その?@雑味がなく、とてもすっきり飲みやすい。

その?A反対に、のみごたえがなく、物足りない。



という良いところと、相反するところが同居している、そんな味わいでした。おいしいか、まずいか?と問われれば、当然おいしい、という味。おすすめしたい人は、ビールの苦味はちょっと苦手だけど、という方にぴったりかも。それから、のん兵衛さんの、飲み続けるアルコール飲料としてもいいかも。

ビールを飲み続けるって、結構コストがかかりますからね。

1本120円位でしたか。それは魅力のプライスです。



人気blogランキングに参加中です。1日1回クリックにご協力、ぜひお願いします!
posted by おつまみ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

『コリアンダーシード』をスリスリして、炒め物つくりました

ぱっぱっと作って、冷えたビールをぐびっと飲りたかったので、簡単シンプルメニュー『牛肉とキャベツのカレー炒め』のレシピ。

〈材料〉
牛肉は薄切り肉200g
キャベツ   100g
カレーパウダー 大さじ2
しょうゆ    少々
コリアンダーシード お好みで

k0623mama.jpg
k0623hiki.jpg
まず、コリアンダーシードをすり鉢で、荒く擂っておく。香りの粒が割れていく、といった風で擂るたび、あたり一面に芳香が漂います。気持ちがやすらぐ香りですね。リラックス気分。
k0623kona.jpg
フライパンにサラダ油を熱してまずは、キャベツをさっと炒め、お皿にあげておいて。次に牛肉炒めて、キャベツを戻して、コリアンダーシード、カレーパウダーの順に入れて。味見をしながら、仕上げにしょうゆを少々いれれば、完成です。
k0623kansei.jpg
コリアンダーシードが入るだけで、ワンランク上のテイストに変身!

ビール、もう一杯おかわりっ!。

コメント、お待ちしています。



posted by おつまみ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ&レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一度枯れかかった『なた豆』ですが、少しづつ復活か

k0623nata.jpg
物珍しさだけで購入し、植えた『なた豆』。ですが、ちょっと前には、枯れそうになって、ご臨終かと。ところが、すこし復活。いいぞ、がんばれ!

この『なた豆』、調べてみると健康にいいことがたくさんあるようで、とってもヘルシーな食材であることが判明しました。

「なた豆の効能」としては、歯槽膿漏、鼻炎、蓄膿症、歯肉炎、痔、化膿性の湿疹、アトピー性皮膚炎、中耳炎、腫れ物、扁桃腺炎、膝痛、関節痛にいい、などといわれているようです。

では、どうやってたべるのかというと。お茶、いわゆる『なた豆茶』。
豆をミキサーで粉砕して作るようです。もし、収穫できたら挑戦だ!

コメント、お待ちしています。

人気blogランキングに参加中です。1日1回クリックにご協力、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 白なた豆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

『コリアンダーの種』よりおしゃれに聞こえる『コリアンダー・シード』

0622tane.jpg
こぼれダネが大株になって、花が咲いて、実がなって、大量に『コリアンダー・シード』が収穫できました。ところが。
実は、コリアンダーの実を使って料理をしたこと、ないんです。。。。。。
調べてみると、いろいろ出てくるわ出てくるわ。

たとえば、「コリアンダーの乾燥させた種子には臭みはなく、かわりに甘い柑橘類に似た風味がある。フットボールのようなカタチで縞模様があり、色は茶色。一般のスパイスに比べて風味が穏やかなので、たくさん使用してもかまわない。やや苦味のあるさわやかな風味は、保存している間一層よくなる。カレー料理、肉の燻製等に使われることが多い」。フムフムと思いながら、
こんなレシピに出会いました。

<キプロス風コリアンダー&ワインポテト>
材料(2人分)
ジャガイモ(小)300グラム
オリーブオイル適量
コリアンダーシード小さじ1
(以下ソース)
赤ワイン1/4カップ
塩、こしょう

さて作り方です。
まず、コリアンダーシードを粗くつぶしておく。じゃがいもは、皮むかず、多めの油で、中まで火が通るまで、じっくり揚げる。揚げたジャガイモは、すりこぎで叩いてひびを入れましょう。その後再びフライパンでコリアンダー・シードと炒めておく。
お次の準備は、ソース作り。ソースの材料を鍋に入れて煮詰めます。ソースができたらジャガイモを入れて、も一度火をつけ、からめて、汁気がなくなれ完成です。

という風に、作ってみようっと。



posted by おつまみ at 14:51| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

『とろろじそ』でヘルシー&ダイエットをめざすぞ

シソが採れすぎて困っています。
なんとも贅沢な悩みですが、毎年この季節から秋にかけての、例年の悩み。シソの、すごい生命力を実感する今日この頃です。
k0621zairyo.jpg
そこでふと閃いたのが、ダイエット食と思って買った、山芋とのコラボレーション。これを食べれば、やせるし。娘にも

「お腹が出てきたよお父さん」

なんて言われないぞ、なんて思いながら。
k0621sisosuri.jpg
さっそく冷蔵庫から洗いざらしのシソをワシづかみして、まな板の上でざく切り。も一度ワシづかみして、当たり鉢でズリズリ摺れば、

パンチを食らったかのような強烈な香り

が鼻腔に飛び込む。これは、ぜったいヘルシー。
k0621maze.jpg
さらに、山芋とつゆの素を入れれば、『ヘルシー&ダイエット紫蘇とろろ』のできあがり。

ごはんにかけて食べたら、2杯も平らげてしまいました。やばっ!

コメント、お待ちしています。

人気blogランキングに参加中です。1日1回クリックにご協力、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 17:29| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本全国雑草繁茂中ではなかろうか

k0621hatake.jpg
ここ一ヶ月あまりで言えば、野菜vs雑草は、圧倒的に雑草が優勢。とくに、ウチの畑では『セイタカアワダチ草』も旺盛ですが、『シロザ』という雑草がさらなる勢いで繁茂しています。まだ小さいうちはかわいらしい雑草ですし、この『シロザ』、食べてもおいしい(と本に書いてあったが未だ食べてない)とか。

ところが背丈50センチを超える頃からは、とても手ごわい。根が下にまっすぐ伸びる(確か)直根型なので抜けにくい。さらに1メートルにも、なると絶対に抜けない。雑草に関しては、かなり寛容なのですが、こと『シロザ』だけは、何とかしたい。

菜園を始めれば必ず、雑草という壁にぶち当たるわけですが。この季節は、まさに、
菜園オーナーvs雑草、ですよね。

ちょっと恰好つけて私の本音であり、理想を言うと、

『雑草と仲良く付き合える環境菜園』

なのです。私のバイブル『自然流 家庭菜園のつくり方』徳野雅仁著、の冒頭には、こう書いてあります。
「雑草と作物の共生による自然栽培は、手間や労力、費用がかからず、自給菜園にふさわしい大変簡素な栽培法です。一般的には、無肥料、無耕耘、無助走では野菜は育たないというのが定説ですが、生態系を生かした自然栽培では、見事に、そうした常識をくつがえす生育ぶりを見せてくれます・・・・」

まだまだ半端な、ウチの菜園では、「そうした常識をくつがえせない生育に甘んじています」ということになっている。

コメント、お待ちしています。

人気blogランキングに参加中です。1日1回クリックにご協力、ぜひお願いします!



ラベル:雑草 無肥料
posted by おつまみ at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ジャガイモの試掘り。で、でかっ!

k0620jaga.jpg
やっぱりなれないことをしちゃダメですね。肥料のあげすぎってヤツです。普通は、こんなに大きくならないですから。

我が菜園人生初のジャンボジャガ!

なぜ、大きいのに、ダメなのか。写真ではわかりませんが、大きく育ちすぎて、ところどころ裂けているのです。何にもなっていなくって大きく育ったのなら、成功なのでしょうが。どうも、ねえ。

喜び、半分。

ところが、試し掘りをした息子は、おおはしゃぎ。大きいいぞ!すごいぞ!って。
ほんとだほんとだ!と答えつつ、複雑な心境の父なのであった。

コメント、お待ちしています。



posted by おつまみ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | じゃがいも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花知らず『春大根味一ばん』って、花が咲かないの?

200706171719000.jpg

まさか、ですけど。

しっかりと書いてあるんですね。一代交配 花知らず『春大根味一ばん』と。花知らずとは、何ぞや。花が咲かない、ということではなく、何か別な意味でもあるのかしら。常識で考えると、花が咲く前に大根自体を収穫しちゃうから、結局花を見ることがないのかな?とかなんとか。

自分が買ったタネに文句もへちまもないけれど。このネーミングも、何か変。
「ばん」だけなぜ平仮名なんでしょう???漢字の「一」が音びきに見えちゃいました。

ぱっと見ると「はるだいこんあじばん」と読めてしまって。
一度そう読んでしまうと、見るたび「はるだいこんあじばん」と読めてしまい、これには困りました(笑)。

さて、梅雨の季節に、大根の種など初めて蒔いたのですが。
うまく育つでしょうか。ちょっと心配の種が増えました。

コメント、お待ちしています。




人気blogランキングに参加中です。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!
posted by おつまみ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 春大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

中国野菜の『カイラン』です、よろしくお願いします

k0617kairann.jpg
『カイラン』を漢字で書けたら、すごいですよね。“回覧”じゃないです“壊乱”でもありません。

芥藍、です。

ちなみに、私は当然ですが書けませんでした。

さて、このタネは一昨年に購入したもの。もう古いので、もしかしたら芽がでないかもしれませんけど、ちょうど玉ねぎを収穫したスペースがあったので、蒔いてみました。
パッケージには、「キャベツとブロッコリーを一緒にしたような南方系野菜」とあります。
確か一昨年に蒔いたときは、そこそこ収穫できたような思い出が・・・・。
豚肉等と炒めて食べような、気がします。最近年ですかね、忘れっぽくて。

コメント、お待ちしています。


posted by おつまみ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっぴりゴージャスに『梅ラム酒』、漬け込み開始

k0619umeramu.jpg
梅酒といえば、ホワイトリカー。つけこむお酒の代名詞といってもいいくらいに圧倒的にポピュラーですが、今回は趣向を変えて、お酒を変えて、ゴールドラムにつけてみました。

それだけで、一人でゴージャスな気分。

それはそうと、もうひとつのポイントは、氷砂糖をひと粒も入れなかったこと。甘い梅酒は、もちろん美味しいけれど。酒飲みの私には、ちょいと甘すぎて。おつまみを食べながら、ちびちびだらだらと飲るには、やっぱり甘くないお酒がグー。と思いまして、砂糖抜きにしました。

しかし、ここで大きな問題発生!

砂糖というのは、ただ甘いだけではなく、梅酒であれば梅のエキスの抽出を促す役割も担っているそうです。簡単に言うと、砂糖を入れないと梅からエキス出にくい⇒2年位は放っておかないとならない⇒2年は飲めない!ということに。

まあ、気長に待つことにしよう。

k0619ume.jpg
それはそうと、こちら2002年6月に漬けた梅酒(砂糖入り)。いい色に、いい味になっています。

人気blogランキングに参加中です。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 11:29| Comment(1) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

『ジャンボカボチャ』の花が咲きました。が小さいな

k0618kabocha.jpg
見た目はとても元気そう。たぶん、間違いなく元気でしょう。こんなに元気に花が咲いているし。
まずは元気の3連発です。葉っぱもピンと活きがいいでしょ。

でもここ2週間でほとんど大きくなってない!

のです。やっぱり肥料をやった方がいいのかな?でもね、のちほど、ジャガイモ収穫をアップしますが、肥料をあげたのはいいですが、大きくなりすぎだったのです。
しかし、これはジャンボカボチャだもんな。大きけりゃ大きいほど、いい。
ということは、やっぱり肥料をやった方がいいんですよね。



posted by おつまみ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャンボカボチャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

『葉だいこん』って、家庭菜園をしていない人は知っているのでしょうか?

k0617hadaikon.jpg
そもそも、根っこの白い部分を食べずに、葉っぱを食べる大根って想像できるでしょうか。私は、2、3年前に、初めてその存在に出会ったのですが。最初に種の袋に『葉だいこん』と、その名が書かれていたのに、違和感を覚えたものです。

だいたい、スーパーで『葉だいこん』を売っているのを見たことがない!

売っているのを見た方は、ぜひ教えてください。という仮定で、家庭菜園をしていない方は、その存在自体も知らないのではないか、と思うわけです。

この写真の『葉だいこん』は、こぼれダネから成長したもの。ひとつだけ、ポツンと健やかに、この通り!食べごろサイズに、なっていました。

葉っぱとしては、この位が食べごろサイズ。繰り返しますが、根っこは食べません。昨年、例によって放っておいたら、根っこもある程度育ちました。が、あまり美味しくありません。やっぱり、若い葉っぱを、食べるように品種改良してあるんですね。

さてさてこの『葉だいこん』、サラダや、味噌汁に、とっても合います。





人気blogランキングに参加中。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!


ラベル:葉だいこん
posted by おつまみ at 21:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライフラワーの夢が消えそうか『わた』どうしたっ!

k0617wata.jpg
本来主役のはずなのに、いつの間には脇役になって、ついにはエキストラになって、じゃないですが、この『ワタ』なぜか元気がありません。舞台の主役から転落しそうです。

この他にも数箇所まいているのですが、どいつもこいつも、周りの雑草たちに、負けています。どうしてでしょうか。
葉が、ちぎれているようにも、半枯れのようにも見えます。枝豆などは、芽が出てすぐに鳥に食べられたりすることが、よくありますが、ワタがそうとは考えにくいのですが。

もうしばらくは、様子見といったところでしょうか。

人気blogランキングに参加中。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | わた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『チンゲン菜』の豚玉オイスター炒め

k0617zairyo.jpg
やはり故郷が同じだから合うのでしょうか『チンゲン菜』とオイスターソース。中国生まれの野菜と調味料は、絶大なるおいしい信頼関係があるようです。

『チンゲン菜』の豚玉オイスター炒め
材料)豚バラ100g
   チンゲン菜2株
   (菜園で採れたのは小さいので市販ものなら1株でも)
   玉子 2個
   醤油 大さじ1/2
   酒  大さじ1/2
   オイスターソース 大さじ1
   ゴマ油 塩 コショウ 片栗粉

作り方です。まず、豚肉を一口サイズに切って塩、コショー、片栗粉をまぶします。チンゲン菜は、茎の白い部分と葉に切り分け、さらに白い部分を小さく切って。フライパンにゴマ油をひいては熱し、豚肉からジュワッと炒め、チンゲン菜の茎から葉の順に入れまして。火が通りましたら、酒、醤油、オイスターで味付けし。仕上げに溶き玉子を回し入れ、半熟くらいで火を止め、あとは余熱でクッキング。
k0617kansei.jpg
あらためて、チンゲン菜ってうまいなあ!
おつまみにも、おかずでも。どちらでもいける味です。

人気blogランキングに参加中。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!


posted by おつまみ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(1) | おつまみ&レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『チンゲン菜』大豊作は良いけれど

k0617tingen.jpg
まれにですけど。食べきれないほど採れて、うれしい悲鳴状態になることがあります。この『チンゲン菜』もそう。そんなに種をたくさん蒔いたつもりはなかったのですが、どっこいパンパカパンパカできるではありませんか。

そんな時、いつもどうしようか悩んでしまうのです。近所の人にあげるべきか。
考えてしまう理由は二つ。

@市販の野菜と比べて小さい

A虫くいがあったり、土がついている。


無農薬で家庭菜園をやっている人間からすると、当然なことですけどね。

この菜園で採れた『青梗菜』で言えば、スーパーで売っているそれの7〜80%ほどの大きさ。しかも、中央やや左上の葉を見ると、やっぱり虫くいあり。土もスキ間に結構あるので、しっかり洗わないといけない、という手間つき。

そういうモノをもらって、喜んでくれるか、それとも。
市販のチンゲン菜は、どうしてスキ間に土がないのでしょうか。農薬で虫くいもなく、一見立派な葉ですし。
あまり気にしない方が、いいのかなあ。

人気blogランキングに参加中。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!


posted by おつまみ at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

『玉ねぎ』収穫、全部で61個

k0616tamanego.jpg
タイトルだけみると、立派に見えますがどうしてこうして。小は梅干大から、ピンポン玉サイズ、さらにはミカンサイズ、そしてやっとノーマルサイズの玉ねぎに。

大きく育てるには、やっぱりそれ相応の肥料が必要なのでしょうか。基本的に、無肥料(堆肥のみ)当然無農薬で野菜作りをしようと思っているので、どうしてもなかなか大きくなりません。

やっぱりプロの農家の方たちはすごいな、上手だな。と思う反面、相当量の肥料と農薬を使っていなければ大きく育てるのって無理だよね、とも思います。

じゃ、やっぱり小さくても安全な野菜の方がいいよね。

という結論。何より、収穫が楽しみですから。一人で収穫もいいけれど、子供といっしょに収穫、楽しいです。この玉ねぎも、子供が、スポンスポンっ!とうれしそうに収穫してくれました。

コメント、お気軽にどんどんお願いします。

人気blogランキングに参加しています。この記事が面白かったら1日1回くクリックを、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ほおずき』の実が、まだまだグリーンですが

k0616hoozuki2.jpg
菜園の通路に、たぶん、どなたかのこぼれ種で自然繁殖した『ほおずき』。昨年、その一部をいただき、自分の菜園に移植したのですが、それはそれは元気に育っています。移植した、たった一本の『ほおずき』のこぼれ種が、今年は10本以上に。

そのうちの一本が、コレです。

子供の頃、田舎のおばあちゃんに教えてもらって、笛作りに挑戦したことがあるのですが、どうも慎重さにかけていたのか、できたことがありません。今年こそ、笛作りに成功したい、今日この頃です。
ほおずきには、食用のものもあるって聞いたのですが、普通に売ってるのかな。

コメント、お気軽にどうぞ。

人気blogランキングに参加しています。この記事が面白かったら1日1回くクリックを、ぜひお願いします!




ラベル: ほおずき
posted by おつまみ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おいしい『おつまみ』へは、こちらからどうぞ!
旨いもの探検隊

手作り本格韓国キムチショップ「恵ちゃんの家」

琉球黒麹もろみ酢

「おいしい!から始まる健康生活」ニチレイフーズダイレクト

■カカオ粉、粉寒天、ゼラチン完全無料配布中■

超特大エビフライ

厳選した農家からの宮古島マンゴー

新聞・雑誌に引っ張りだこ!

「揚げ足鳥」1日50食限定販売!

人気商品

Seesaaショッピング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。