2007年09月09日

「土佐鶴」呑みながら、韓国味噌を肴に、酔って候。

k0909tosa.jpg
ボクは、お酒(ここでいうお酒とは日本酒)を飲むときの基準として、純米酒というのがあるんです。これはひとつ見栄というか、格好つけでもあるのですが。お酒なら何でもいいっていうじゃ、江戸っ子がすたるじゃないですか。

かく言うボクは、東京生まれ東京生まれではありますが、江戸っ子ではありません。確か3代続けて東京(江戸)に住み続けることで初めて得られる称号だそうな。

てなことはどうでもいいんですが、どうも最近の日本酒は、気をつけるに越したことはありません。本来、日本酒ってえもんは、米と米麹とうめぇ水とで作られるものって、相場が決まっていた。ところがだ、醸造アルコールが加わったり。

それはまだいいんだ。「本醸造」ってえやつで、うめぇ酒もそれはあるんだ。その下になると、もうそいつぁ、いけません。

まあ話は長くなるんで、一番下の話をいきなりしちゃおうじゃありませんか。

「合成酒」ってぇのが普通に売ってるんですよ。値段もとびきり安い。1.8リットル、だから1升。そいつがだいたいビンに入ってるじゃなくって、紙パック詰めというが、ますます怪しい。いくらかってぇと、1000円で何百円も“釣り”がくるってぇから、となりの隠居も腰を抜かしたって話ときたあ。

「合成酒」とは清酒に本来は添加してはならない薬品(劇薬も含みます)を加えたり、酸味料、各種アミノ酸液等々を(添加を認められている物が数多くあります)入れた酒、炭素濾過を強くしタダのアルコール飲料にして前記の薬品を添加したお酒を指します。

とは穏やかなはなしじゃないね。だから、自分で飲むときは、やっぱり純米酒が安心だね。と、きょうは「土佐鶴」を飲んでみた。

南国高知を代表する酒蔵らしい。しばらく前、コンビニのサンクスで、出来心で買ったもの。ワンカップの形状に惹かれて、ついカゴに入れてしまった。

「ぱっカーン」と空けまして、一口ゴクリ。

「濃いなあ、甘いなあ」と思ったのだが、調べてみるとやや辛口とある。日本酒の、甘口辛口の品評って、どう思います?まあ、うまかったです。でも、たぶん、もう買わないな。純米特有の強さは感じたのだが、もう少し辛い、という味がボクは好き。でも、十分美味い酒ですよ。
k0909kyuri.jpg
おつまみは、キュウリをざくざく切って、韓国味噌をつけていただいた。
k0909miso.jpg
この味噌、とにかく美味し。サンチュ味噌といわれるだけあって、焼肉には、たぶん欠かせない、はず。その名をスンチャンサムジャンという。この日本酒のつまみとしても、ぐー。

そろそろよっぱらったので、ぐー。

有名雑誌にも何度も取り上げられるおなじみのお酒の超専門店。

幻の日本酒・本格焼酎など多数取り扱い。

プレミアム販売一切なしの超安心価格のサイト幸せの酒 銘酒市川

覗きたい人はこっそりクリック!

posted by おつまみ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

危険なお酒!?「ダークラム&黒ホッピー」、お試しの価値あり(ボケボケですいません)。

k0902ramu.jpg
根がラム大好き、ということもあるのですが、それでもこの新味には驚いた。

“ダークラムを黒ホッピーで割る”なんて発想、どこからくるのだろう。

この「ダークラム&黒ホッピー」は雑誌で見つけました。新橋にある「ぎょうざ立ち呑み めだか」というお店にあるメニュー名は「ラムラムッピー(600円)」。

雑誌には店員さんが「これは危険なお酒ですよ〜。ラムを黒ホッピーで割るから口当たりがよくて」だって。
ラム酒というのは、サトウキビが原料であるからして、風味が甘い(味自体が甘いのではない)。だから、というわけではないけれど、自分史上一番おいしいカクテルは「キューバリバー」。ラム酒をコーラで割って、ライムを搾る。ただ、それだけ。

それが、美味い美味い。けれどコーラはカラダによくないので、最近封印してます。

さて「ダークラム&黒ホッピー」(ダークラムはおなじみマイヤーズ)。
黒と黒。ブラック&ブラック。そういえばブラック&ホワイトというスコッチウイスキーもなかなかおいしかったっけ。
それにしても、新鮮な味だったなあ「ダークラム&黒ホッピー」。ダークラムの甘い風味と黒ホッピーの香味が相まって、それぞれの個性が響きあう美味しさ。

今回は氷を入れましたが、マイヤーズもキンキンに冷やして、グラスも冷やして、もちろん黒ホッピーも冷やして。ノンアイスでグラスに冷やして、くぃーんと飲る。

それが正しい呑み方じゃないかな。
アジアン美女と生チャット! オリエンタルBB
posted by おつまみ at 08:40| Comment(1) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

果肉入りチューハイ 旬果絞り「爽感」クラッシュレモン、長い名前だなあ

hutatu.jpg
普段、こういうお酒はあまり飲まないですボクは。


こういうお酒というのは、缶チューハイのことです。ビールよりもアルコーがもしっかり入っているので、したたかに酔うのだけれど、お酒じゃない、という印象だ。

きょうは、以前酔っ払っていたときに、買っておいたものを取り出してグビッとやってみた。

飲む前に、缶をチェックしてみました。まずネーミングですが、タイトル通り長いですね。しかも一番大きい書体で主張しているのが「爽感」。これ、ハッキリ言いましてネーミング失格です。見やすい、聞きやすい、覚えやすいの3拍子がネーミングの鉄則、だとすれば・・・・。「爽感」という名、覚えにくいですものね。

まあ、それはそれとして、冷えたグラスに注いでみました。すると、
gurasu.jpg
「おーレモンのかけらが浮いてるじゃないか」

ちょっとうれしくなって、ノーアイスだけれど冷えに冷えたそれを飲みました。くいっくいっと、グラス半分ほど一気に飲んじゃいました。だって、美味しいんだもん。この暑さには、これは、これで、かなりおいしい。これ実感です。

昨日の赤ワインのソーダ割りもそうだけど、特別ってあるじゃないですか。赤ワインは通常は氷を入れたり、キンキンに冷やしたりしない。好みじゃない、缶チューハイは普段は飲まない。けど、飲んじゃう。

この夏の、限定的に真夏の一杯目としては、相当美味いです。
(けどやっぱりただの甲類焼酎ですから、お酒の味わいはありません。二杯目からは黒糖焼酎に切り替えました)



タグ:チューハイ
posted by おつまみ at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

『ささげ入りチーズモツカレー』をおつまみに、赤ワインのソーダ割りだぞーっ。

k08183set.jpg
「このたび、赤ワインソーダ割り普及党から立候補しました『おつまみ』です」

何日か前に、このレシピ(っていうほどじゃないけど)を紹介したのですが、皆様からの手ごたえがいまひとつだったので、もう一度、イエイエこれからもしつこく、夏ならではの普及活動に勤しんでいきたいと思います。

きょうはその前に、この赤ワインソーダ割りにぴったりなおつまみ『ささげ入りチーズモツカレー』をご紹介します。今年の暑さに負けないようスタミナをつけようってことで、豚ホルモンの登場です。ささげは、とにかく豊作でして、何とか利用できないものかと。
ルーはちょっと手抜きで「ハウスジャワカレー」(お手軽ルーの中ならやっぱりコレはいいですよ)。ワインといえばチーズ、ということでトッピングにはピザチーズをトローリ。
k0818kare.jpg
これまた手作りの自家製セサミパンをちぎっては、アツアツトローリのカレーに絡めて、

サマーカクテル「赤ワインのソーダ割り」を

「クイ、グビっ、くわーっつ」とやります。一人でおかわり、またおかわり。

なんでカレーは夏、おいしいのかな。なぜ、チーズはワインと合うのかな。なんで赤ワインをソーダで割ると、こんなにおいしいのかな?

「えーい、どいつもこいつも、るせい!」

もう理屈じゃないうまさ、です。ウチは関東地方は千葉ですが、
明日はニュースによると、本日より暑さが増す、というではありませんか。

えーイヤだなあ、という気持ちと
「よっしゃ、赤ワインソーダ割りが美味しく呑めるぞ」と
後者が若干優勢のまま、本日の夜は更けそうです。

やっぱりワインは無添加ワインがいいですね。







posted by おつまみ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

夏のおいしいお酒コンテスト、第一位は何でしょう。

k0812wain.jpg
きょうのような猛暑日のさなか、ビールをはじめとしたアルコールを並べて『この気分に最高のドリンクはどれ?』的なコンテストを開催したら、一体何が一等賞に輝くと思いますか。

それでは仮想コンテストを中継してみましょう。第一のエントリーは、ジョッキ生です。

「いきなり大本命の登場です。会場はすでに勝負ありという面々であふれかえっております」

と実況アナがしらけたことを言うや、これは予想外のエントリーか、色鮮やかなブルーのカクテルに視線が集中、

「お、これはブルーハワイです。太平洋の青い海原をイメージしたこのカクテルは女性票を集めそうです」

次なるエントリーは、フローズン純米酒。地元日本人でもそんなしゃれた飲み方なんかしないぞー、という野次の中、親父たちの野太い声が聞こえてきます。

「いよ、待ってました、大統領!」

ここは日本なのに、なぜか大統領とはこれいかに。そしてラスト。赤いぞ、赤いぞ、ワインだぞ。赤ワインがなぜに、この真夏に登場か。会場全体に?????が漂っています。

「普段、赤ワインはこんな飲み方はしませんが、ぜひお試しを。クラッシュアイスに赤ワインをソーダを1:1入れて、すぐにステア。たったそれだけですー」

なんていう4品が並んでいて、飲み比べたらどうでしょう。
えー、ボクは最後の『赤ワインのソーダ割り』に、まちがいなく1票入れてしまいます。

もちろんビールも捨てがたい、という気持ちがありますが。こと真夏のこのまっぴるまに、飲むということを考えたら、間違いなく『赤ワインのソーダ割り』。

たしか玉村豊男さんのエッセイに紹介されてたレシピだったと記憶してますが、これが実に美味い!何杯でもいけちゃう。
そうそう、ひとつご注意を。ワインは、安いヤツでいいです。高い(年代もの)銘柄なんて、もってのほか。これは、赤ワインの邪道的な飲み方ですから。

本日は、それでも無添加ワイン、選んでみました。

大感謝プレゼント実施中!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=161P82+UYK8I+DFC+6ARKZ
タグ:赤ワイン
posted by おつまみ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

「ニッポンプレミアム」とは、それにしても大仰な名前だな。

NEC_0202.JPG
巷では、プレミアムビールが注目されているらしい。
その昔のドライ戦争ではアサヒの二匹目三匹目のどじょうを狙って、各社ともドライに参入したものの、結局のところ残ったのは本家のみ。その本家のドライももはや定番と化し、その売り上げも右肩上がりも望めないらしい。

やがて酒税の裏をかいた発泡酒なるものが、日本中を席巻した。あれには参りましたね。人をバカにしているというか、何と言うか。ビールのまがいものを、本格派風に謳うあざとさ。しかし、懐のさびしさから、外ではビール、家では発泡酒、というルールがこれまた日本中を席巻した。

さらに事態は、発泡酒から第三のビールへと飛び火した。雑酒というジャンルらしい。

「これ雑酒です。どうぞ!」

なんて勧められても・・・。だって雑な酒ですよ。だいたい雑という字からイメージするに、雑魚といえばクチボソだったり、雑味といえばやっぱりうまみを邪魔する味だ。雑草もいいイメージはないし。とにかく雑酒は、よくないでしょ。

注いだその様はビールのフリをしているけれど、果たしてその中身は麦芽がないのだ。それが、第三ビールの正体だっ。といいながら、しょっちゅう飲みますけどね。

そろそろ本題のプレミアムビールのことですが。
ニッポンプレミアムはまあまあのお味です。個人的には、やっぱりサントリーのプレミアムモルツの方がおいしいと思う。まろやかさとコクとうまみが、サントリーの方がやっぱり上。

それとニッポンプレミアムは蘊蓄が多すぎです。国産麦芽、国産ホップにこだわり・・・。九州産と関東産の大麦を福岡工場にて・・・・さらに、岩手、山形産の国産ホップを・・・。

そういう押し付け風な、国産国産って、そんなにありがたいの?と思うのは僕だけかな?
大感謝プレゼント実施中!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=161P82+UYK8I+DFC+6ARKZ
posted by おつまみ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

焼酎のお供に、『くじらのたれ』はいかがですか?

kujira.jpg
高校1年の息子がいるんですが、生まれて一度もくじらを食べたことがない、という。ちょうど、少し前に千葉の東端、銚子に撮影の仕事で行った際の土産があったことに気が付いたので、どれどれ食べるか、と。
ちょうど晩酌時。和風ビーフジャーキーならぬ、ホエールジャーキー風ですから、やっぱり日本酒というより、ビールというより、やっぱり蒸留酒系だ。と、決めたのが、喜界島。

まずは、娘も食べたいと、くじらのたれを小さくちぎって、娘の手のひらに乗せました。なめるように、くじらのたれをかじるやいなや、「う、まず!」。続いて、16歳の息子にも。「レバーみたいな食感だあ。いらない」と子供たちには、大不評のそれも、私にとっては、滋味たっぷりのジャーキー。濃い味つけの、噛み応えしっかりのそれって、つまみには、とてもよいと思うのですが。

kikaijima.jpg

もちろん、くじら特有の臭みは、あるのですが、それが懐かしくもあり、焼酎には、とってもよく合うんです。黒糖焼酎『喜界島』。これ、うまいっす。
くじらのたれも、うまいっす。

ついつい、酔っ払ってしまいます。

ちなみに、このくじら、ごんどうくじらっす。


posted by おつまみ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

缶の中にピンポン玉が入ってる『ギネスビール』

k0712ginesu.jpg
缶の上の白い玉をご覧ください。これが、フローティングウィジェットという名のプラスチック玉。ただの玉だと思ったら大間違い。ハイテク技術の粋を集めた、その玉の中には、炭酸ガスと窒素ガスの混合ガスが入っているらしく、缶の栓を開けたとたん缶内の圧力が一気に開放されるらしく(難しくてようワカラン)、その結果、玉々のガスが噴出するらしく、最終的にはあのギネス独特のクリーミィな泡立ちが楽しめるらしい。

私は、このギネスが結構好きでして、このままちびちび飲んだりするのですが。お気に入りのビールとギネスを1:1の、いわゆるハーフ&ハーフも、これまた旨い!

気が付いたら、ぐいぐい飲んでしまうのであります。


posted by おつまみ at 15:41| Comment(1) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

飲みやすい。けど個性がない。といったとこでしょうか『金麦』

k0624kinmugi.jpg
タレントの檀れいが出演しているCMで話題の、第3のビール『金麦』飲んでみました。もうこの手の評論はいろいろなところで、されていますが。私が思うに、生ラーメンvs即席乾麺、レギュラーコーヒーvs缶コーヒーの議論をしているようにも思うときがありまして。

缶コーヒーは永遠にレギュラーコーヒーになれるわけじゃない、といっしょで。
この第3のビールの中では、おいしかったね。という結論に持っていかないと、ラチがあかない。
なので、ビールとは比べない、というのが正しい評価ではないでしょうか。

飲んだ感想、

その?@雑味がなく、とてもすっきり飲みやすい。

その?A反対に、のみごたえがなく、物足りない。



という良いところと、相反するところが同居している、そんな味わいでした。おいしいか、まずいか?と問われれば、当然おいしい、という味。おすすめしたい人は、ビールの苦味はちょっと苦手だけど、という方にぴったりかも。それから、のん兵衛さんの、飲み続けるアルコール飲料としてもいいかも。

ビールを飲み続けるって、結構コストがかかりますからね。

1本120円位でしたか。それは魅力のプライスです。



人気blogランキングに参加中です。1日1回クリックにご協力、ぜひお願いします!
posted by おつまみ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

ちょっぴりゴージャスに『梅ラム酒』、漬け込み開始

k0619umeramu.jpg
梅酒といえば、ホワイトリカー。つけこむお酒の代名詞といってもいいくらいに圧倒的にポピュラーですが、今回は趣向を変えて、お酒を変えて、ゴールドラムにつけてみました。

それだけで、一人でゴージャスな気分。

それはそうと、もうひとつのポイントは、氷砂糖をひと粒も入れなかったこと。甘い梅酒は、もちろん美味しいけれど。酒飲みの私には、ちょいと甘すぎて。おつまみを食べながら、ちびちびだらだらと飲るには、やっぱり甘くないお酒がグー。と思いまして、砂糖抜きにしました。

しかし、ここで大きな問題発生!

砂糖というのは、ただ甘いだけではなく、梅酒であれば梅のエキスの抽出を促す役割も担っているそうです。簡単に言うと、砂糖を入れないと梅からエキス出にくい⇒2年位は放っておかないとならない⇒2年は飲めない!ということに。

まあ、気長に待つことにしよう。

k0619ume.jpg
それはそうと、こちら2002年6月に漬けた梅酒(砂糖入り)。いい色に、いい味になっています。

人気blogランキングに参加中です。読まれましたら1日1回クリックを、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 11:29| Comment(1) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

素敵な缶デザインに惚れて『チューハイ』買ってしまいました

k0614haiboru.jpg
『焼酎ハイボール』という書体がレトロチックで、惹かれてしまいました。味はどうせ、たかがチューハイだろ、なんて思いながらも、妙にそそられるデザイン。しかも、500mlで150円以下ときたら。やっぱり一度は、飲むしかないでしょう。

夜も遅いので、駅前のイオンで本マグロのぶつ切り(夜遅いので半額になってた)を買って、ウチの冷蔵庫にある山芋をすって、『マグロの山かけ』おつまみ。

焼酎ハイボールにマグロの山かけ、これはぐいぐいいけます。
アルコール分高めの7%。ビールより、ちょいと高めですね。
肝心の味ですが、甘くないような微妙に甘さがあるというか。個人的には、甘さは、まったく無くてもいいかな、と思いましたが。それはそれで歴史があるようです。

パッケージより抜粋
「チューハイは昭和20年代後半の東京下町で“焼酎ハイボール(酎ハイ)”として生まれたといわれています。・・・・・・」。ということは、50年以上もの歴史がある、ということ。
それはそれで、文化ですよね。

しかし、このデザイン、素敵、です。

人気blogランキングに参加しています。この記事が面白かったら1日1回くクリックを、ぜひお願いします!



posted by おつまみ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

『凄味』という発泡酒、果たしてその実態は・・・

k0522sugomi.jpg
パッケージとネーミングの第一印象はとてもいいです。ブラックを効かせた精悍なマスク。これは、と大いなる期待を抱かせる雰囲気を漂わせています。

発泡酒なので泡がクリーミーではない、のは仕方ないとして。
問題の味わいは、どうか。キャッチフレーズが「極上の苦味」「荒ぶるキレ」。これはいかがなものか。誇大広告じゃないですか、という味。

結構いろいろな人の意見を見ると、評価が高いものが多く。少数意見かも知れませんが、私としてはNGです。ファンの方、すみません。

甘みも抑えてあり、キレもそこそこあるんですけど。とにかく、物足りない。味が薄い、わけじゃないけど、薄っぺらい。

アルコール6%で釣ろうというのも、ねえ。

aiship
posted by おつまみ at 20:08| Comment(2) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

韓国料理には、韓国のお酒&割るのも韓国の水

k0512kankokusyotyu.jpg
韓国焼酎は真露しか知らないなんて方へ。イマスグ飲むだけで豪華賞品?!

このお酒『舞鶴 WHITE』と書いて、ムハクと読む(舞鶴を読んでいるのか、WHITEなのか??)そうです。JINROを飲んでいてもそうですが、同じ甲類焼酎でも日本のそれと違う味わい、韓国風。よくいうお酒は、その土地の肴といっしょに飲むのが一番うまいと。
さて、この『舞鶴』。宣伝コピーに、こんなこと書いてます。「韓国南部の馬山(マサン)産。馬山の地下水は「全国一すばらしい水」と市民憲章で謳われるほどの良質です。そのおいしい水をふんだんに用いて作られた焼酎「舞鶴ホワイト」は、透明感があるくせのない味わいで、ストレートでも割ってもピュアな味わいをお楽しみいただけます」と。
k0513mizu.jpg
この焼酎を割る水も韓国産。そんなにこだわったわけじゃないけど、たまたま同じお店で、韓国産のミネラルウォーターも売っていたもので、つい買ってしまいました。
良いもの色々

韓国のキムチツナ缶、当然、キムチをつまみに飲む、韓国焼酎。

これもひとつの異国情緒。
posted by おつまみ at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

『黒糖焼酎』は日本が誇る『ラム』である、と仮定する

k0426kokutousyouchu.jpg
それぞれ原料をご存知ですか?ラム酒はサトウキビ、黒糖焼酎はもちろん黒糖。どちらも甘〜いものがルーツなのです。もっと言うと、黒糖自体サトウキビから作られているんでうよね。ということは、ブラザース。だからなのか、どうしても黒糖焼酎を飲むとラムを思い出すのです。味わいというか、口の中の残り香というか。共通すると思いませんか。そんな気がする人、いませんか?ひとりだけだったら寂しいな。同じ焼酎でも、麦や芋では決してない味わいの感覚なのですが、どうでしょう?

さて、この黒糖焼酎、写真で見ても黒糖焼酎とでっかく書かれていますが、実は商品名は左下に『天下一』と(小さくて読)。それが商品名らしいです。『新納酒造』という蔵元、奄美諸島は沖永良部島にあり、なんと創業は大正9年とか。これは、やっぱり日本のラムですよ。

ちなみに興味本位で調べてみましたら、ありました。沖縄・南大東島のさとうきびから作られたラム酒が。『COR COR』(コルコル)という名のようです。
posted by おつまみ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(1) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

番外篇 日本一の居酒屋「まる福」

.jpg
ここ、時々お邪魔する居酒屋です。西船橋駅北口下車歩いて1、2分でしょうか。

とにかく、安い、旨い、早い!

「いらっしゃいませ」の声とともに席に着くなり「お飲み物は?」と間髪いれずに聞いてくる。考えるまもなくですから、最初は面食らいました。今じゃ、条件反射で「ボール、グラスで!」と言ってしまう。

このボールというのは、この店オリジナルの焼酎サワーでして、正式名称は『特製ハイボール』と言います。ウイスキーの水割りをもう少し薄めた位の色。この原液は一体何から作られているのだろう????とても不思議な飲み物です。そして、今宵もやっぱり「ボール」と言ってしまうのでした。(ちなみに今はまだ仕事中)お値段グラスで250円

それとここの名物は、何と言っても『もつ煮込み』350円。値段と比べての量の多さ、これだけでボール2杯はいける。それと、あと一品頼めば、お腹は充分満たされること間違いなし。

ある日のオーダー
ボール2杯(500円)、それからお酒2合(380円)
もつ煮350円、レバさし380円、肉じゃが450円
しめて2060円  これって、すごい!

西船、まる福、もつ煮込み。ぜひ覚えてください。
良いもの色々



posted by おつまみ at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ラムが好き、中でもダーク・ラム

ラム酒が好きというと、だいたいの人は、ああそうですか????。「一体全体どういう風に応えたらいいんだよ」という、やるせない系のリアクションをする。ウイスキーであれば、スコッチ派であるとか、シングルモルトが好きとか、バーボンはいいよなとか、日本の竹鶴は抜群に旨いとか・・・・。酒飲みの輩たちが集えば、話題はチェーンのようにつながっていく。ワインだって、やれ「フランスだ、イタリアだ、近頃は南米はチリだ、カリフォルニアも忘れちゃいけねえ、とか」。こちらも会話のネタは次々ででくる。

ところがラムといえば、○○○○。世間一般の人たちにとって、○○○○の部分がとても少ないのですね。せいぜい、さとうきびが原料、中米はジャマイカが本場、といったところか。だから、ラムの会話はすぐに終わってしまう。

maiya.jpg
別にラムの伝道師でもないので、ただただ美味しく飲めればそれでいいのだけれど。個人的には、ラムの中でもダーク・ラムが好き。値段も安くてどこのお店にもおいてある『マイヤーズ・ラム』が好き。ダーク・ラムに対して、ホワイト・ラムといって無色透明のもの、もう少し色が入ったもの(ミディアム・ラムといったかな?)があるけど、やっぱりこの濃さがいいのだ。

rok.jpg
ダーク・ラムは、サトウキビから生まれたことが実によくわかる。甘く濃厚な香りが、透明なそれと比べて、格段に強い。お菓子を作るときにも、ラムは多く使われるのだけど、ここはやはり飲んでいただきたい。スカッといくならソーダ割り、ロックももちろんグー。

とっておきの飲み方は、コーラで割って、ライムを搾った、カクテル名でいうと『キューバリバー』。コーラは身体にいいことないので、なるべく飲まないようにしているのだけど、これは最高。

母なる原料サトウキビは、やはり甘いものと相性がいいらしい。つまみにチョコ。好みでいうと、キスチョコ。これも、グッド・パートナー。



posted by おつまみ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

『白酒(パイチュウ)』こいつはスゲエ

kouryou.JPG
中国のお酒、紹興酒と青島ビールしか知りませんでした。無色透明な液体に興味が沸き、ふと見ると56度というウイスキーよりも高いアルコール度に、またビックリ。調べれば白酒(パイチュウ)というカテゴリーだそうで。原材料を見ると、『水、高梁』とある。水はわかるが、高梁とは何?どうやら、とうもろこしの一種らしい。香ばしい(かなりクセあるが)のは、それ故か。しかし、店頭に並ぶ、その漢字ばかりのラベルヅラ。これまたエキゾチックチャイナ!

hakusyu.jpg
これまたネーミングの妙。『二鍋頭酒』だって?なんて読むんだろ?どんな意味なんでしょう?わかる方いたら、教えてください。しかも、500mlで690円。安いっ!

あちらでは常温で飲むのが普通とか。試しに飲んでみましたが、とてもとても。強い強い。バーボンのアジア版にして、さらにストロングになった酒ですよ。お酒大好きな私ですが、初めての味に酩酊・・・。今宵は、ロックにてちびちびと。常温ぐびぐびは、まだ当分先のようで・・・。キツー。
posted by おつまみ at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おいしい『おつまみ』へは、こちらからどうぞ!
旨いもの探検隊

手作り本格韓国キムチショップ「恵ちゃんの家」

琉球黒麹もろみ酢

「おいしい!から始まる健康生活」ニチレイフーズダイレクト

■カカオ粉、粉寒天、ゼラチン完全無料配布中■

超特大エビフライ

厳選した農家からの宮古島マンゴー

新聞・雑誌に引っ張りだこ!

「揚げ足鳥」1日50食限定販売!

人気商品

Seesaaショッピング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。