2007年09月05日

久々の居酒屋「丸福」、きょうは串焼き中心のおつまみで。

k0905ball.jpgこのお店の第一声(「いらっしゃいませ」は周辺の店員さんが皆発声します)は、

「お飲み物は〜」

から始まる。慣れないうちは、考えてしまって、おどおどしちゃって、我ながら一人酒の修行だと思ってました。もう最近は堂々とした振る舞いな筈だ(と自分を信じたい)。

一杯目は「ボールのグラス(250円)」にした。やっぱり、この店の暖簾をくぐったら、これを飲むしかない。ボクの気分だと、この店の一杯目はビールじゃない。現に、最初のオーダーの半分位の人がこのボール(グラス、中ジョッキ、大ジョッキ)だ。

ビールを頼む人は意外に少ない。不思議でしょ、こんなお店。

ひと口ふた口。あー胃の腑にじんわりと冷たいボールが注がれる。
あー至福の一瞬だ。一日の終わりを実感する。

k0905motu.jpg
おつまみの一品目は「もつ焼きセット(370円)」。コイツをタレでいただく。他の味付けは、塩とにんにくだれ。本当はにんにくだれ、といきたかったのだが、明日の仕事のことも考えて控えました。セットという名の通り内容は、「シロ、カシラ、ナンコツ、ねぎま」の4本。ボリュームあって、タレの味もなかなかでした。
k0905oyu.jpg
二杯目からは、焼酎のお湯割りにチェンジ。まずは「芋のお湯割り(250円)」。銘柄は、「さつま白波」でした。やっぱり、いちばん焼酎の味わいがわかるのって、お湯割りじゃないかな。と一人悦に入っていったのであった。
k0905nori.jpg
本日のおすすめメニュー(と書いているわけじゃないが、ホワイトボードにその日のおすすめが店内数箇所にある)に「伊勢 生青のり(300円)」というのが目に飛び込んできたのでさっそく頼んでみた。(写真はボケでますが)直径10センチほどの小鉢にたっぷり、大葉とレモンを仕切りに大根おろしもたっぷり。相当な量に、ボクはびっくり。
醤油をたらりん、大根おろしといっしょに口に運べば、

「あー磯の風の香り」

しかし、食べても食べてもなかなか減りません。

串焼きつまみつまみ、焼酎ぐびぐび、青海苔つまつま。
そんなこんなで、焼酎の連続お代わりだ。「そばのお湯割り(250円)」銘柄は「雲海」「麦のお湯割り(250円)」銘柄は「博多子女郎」。何とか平らげた青海苔。なくなってみると、何やら口寂しくなってきた。

なわけで「朝鮮もやし(290円)」をオーダー。(これ写真ないですが)湯どおししたもやしをキムチだれに、漬け込んだようなもの。ピリ辛旨くて、お酒がすすんじゃいます。
k0905reba.jpg
ちょいと飲みすぎか、と脳裏をかすめつつ、知らん振りしながら「そばのお湯割り(250円)」をお代わり。「レバーの串焼き(180円)」を頼む。ここの串焼きのシステム(ってほどじゃないけど)2本で1セットとなっている。先と同じように味付けは、タレ、塩、にんにくだれ、の3種から選べるのがいい。

いい感じに、食べて飲んで、2390円也。これだから、また来ちゃうんですね。



人気blogランキングへbanner_04[1].gif
ラベル:丸福
posted by おつまみ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

生バジルってこんなに香るのねん、とワクワクの手作りピザ完成。

k0904yaki.jpgk0904mae.jpg
ビンボーくさい話。

つねづね思っているのだが、宅配ピザって高いと思いませんか。
Mサイズでも最低2000円位しちゃう。5人家族のウチじゃ到底足りないので、Lサイズを注文することになる。そうなると当然3000円以上かかる。

外食する、を基準にすれば安い、という見方もできるが、
きょうは手作りピザのコストと比べてみたい。

まず生地のもとである強力粉はだいたい50円、としよう。
トマトソースは、ホールトマト缶(100円/1缶)の半分も使わないけど、塩とかワインとかの調味料も入れることも鑑み50円、としよう。

チーズは一袋500円の1/5を使用する、として100円。
トッピングにはむきエビとバジル。あわせて150円、としよう。
光熱費が50円かかる、とすると。合計400円(これでも相当高く見積もってる)だ。

これでほぼLサイズ相当のピザが食べられるワケです。

テマヒマ?

これがあまりかからないのです。生地つくりはパン焼き器にお任せ。
生地を伸ばしたり、具をのせたり、焼いたりは、もちろんやりますが、かんたんです。

しかも焼きたての旨さといったら、

よだれたれたれだよ。←これって回文、右から読んでも左から読んでも同じ。

畑から摘んできたばかりのバジルの香りもプワーんと漂って。

安いぞ、旨いぞ、香るぞ。

3拍子揃いました。
アジアン美女と生チャット! オリエンタルBB





ラベル:ピザ
posted by おつまみ at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

「ダークラム&黒ホッピー」にとっても合うおつまみ、考案っ!

k0902kansei.jpg

名づけて「エビマヨ揚げパン」。
とてもストレートなネーミングです。

用意するのは、ボイルしたむきえび。マヨネーズ、塩、コショー少々。パン。
まずは、ザクザクとむきエビ叩きます。続いてボールにえびを豆乳じゃなくて、投入して、マヨネーズとスパイスで味付け。具がこれになります。
k0902ebimayo.jpg
k0902pan.jpg
続いてスライスした(超うす切りに、5ミリ位がベスト)パンに具をはさみ、水溶き小麦粉&卵にくぐらせ、パン粉をしっかりつけて、揚げるだけ。

書けばすぐで、結構おつまみとしては手間ですが、「ダークラム&黒ホッピー」の濃い味わいには、やっぱり油と相性ばっちり。

さくさくコロモと、ぷりぷりエビがうまー。

お暇なとき、ぜひどうぞ。
posted by おつまみ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おつまみ&レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険なお酒!?「ダークラム&黒ホッピー」、お試しの価値あり(ボケボケですいません)。

k0902ramu.jpg
根がラム大好き、ということもあるのですが、それでもこの新味には驚いた。

“ダークラムを黒ホッピーで割る”なんて発想、どこからくるのだろう。

この「ダークラム&黒ホッピー」は雑誌で見つけました。新橋にある「ぎょうざ立ち呑み めだか」というお店にあるメニュー名は「ラムラムッピー(600円)」。

雑誌には店員さんが「これは危険なお酒ですよ〜。ラムを黒ホッピーで割るから口当たりがよくて」だって。
ラム酒というのは、サトウキビが原料であるからして、風味が甘い(味自体が甘いのではない)。だから、というわけではないけれど、自分史上一番おいしいカクテルは「キューバリバー」。ラム酒をコーラで割って、ライムを搾る。ただ、それだけ。

それが、美味い美味い。けれどコーラはカラダによくないので、最近封印してます。

さて「ダークラム&黒ホッピー」(ダークラムはおなじみマイヤーズ)。
黒と黒。ブラック&ブラック。そういえばブラック&ホワイトというスコッチウイスキーもなかなかおいしかったっけ。
それにしても、新鮮な味だったなあ「ダークラム&黒ホッピー」。ダークラムの甘い風味と黒ホッピーの香味が相まって、それぞれの個性が響きあう美味しさ。

今回は氷を入れましたが、マイヤーズもキンキンに冷やして、グラスも冷やして、もちろん黒ホッピーも冷やして。ノンアイスでグラスに冷やして、くぃーんと飲る。

それが正しい呑み方じゃないかな。
アジアン美女と生チャット! オリエンタルBB
posted by おつまみ at 08:40| Comment(1) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

それはそれでも、きょうの収穫。

200709011400001.jpg
左から時計回りに、ナス、ささげ、モロヘイヤ、ニラ、つるな、バジル。

(ほとんど放任の中)今年の酷暑を生き抜いた、頼もしい面々です。
想像ですが。これだけの暑さを耐え忍んだ野菜たちですから、栄養も普通よりあるんじゃないか、と思うのは僕だけ?
どうやって食べようか、思案のしどころです。

マスコミも注目の千葉県産無農薬野菜



ラベル:収穫
posted by おつまみ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

ウチには田んぼはないけど、そろそろ稲刈りの季節。

ine.jpg
今年は、連日続く酷暑のせいか、心なしか稲の生長が早いと思うのは、ボクだけ?

まだ8月中だというのに、すでに稲刈りが終わっている田んぼもチラホラ。

本当はウチの畑も何とかしなきゃならないのだけど、この暑さのせいと、畑にキジが卵を産んじゃったせいで、どうも手入れに身が入らない。

そろそろ秋野菜の蒔きどきですよね。夏野菜は今年壊滅状態だったけど、秋野菜は何とかしたいな、と思っているのです。でも、キジのお母さんが卵を温めているそばを通ると、ビックリして飛んでいってしまう。

どうにも、畑に行きにくい今日この頃です。



posted by おつまみ at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

タバコは止められたけど、お酒はなあ。。。。。。

まじめな話、たばこを吸い始めたのは、ハタチを過ぎてからだった。

たしか大学3年位だったかな。それから卒業して仕事について、結婚して、子供ができて、それでも吸ってました。一度、長男が2、3歳の頃ですから、13、4年前に禁煙を宣言。

以来2年、がんばって禁煙を継続したのですが。仕事のもやもやで、つい一服してしまい、そのまま喫煙族に逆戻り。それから数年吸ったでしょうか。一日2箱は吸っていましたね。

仕事が忙しく、夜中まで作業をして、イライラしてくるし、ストレスたまるわで、

どんどん吸う、いわゆるチェーンスモーカーってやつです。朝起きると、ゴホゴホッとなって、歯磨きすると、ウェッとなって。なんで自分で自分のカラダ、こんな虐めてるんだって。そんな気持ちになったら、急にタバコを吸うのがバカらしくなったのです。

当時1箱250円だったかな?最低一日2箱だとしても、500×30=ひと月で1万5000円もゴホゴホのために使うんだった、貯めよう。なんて殊勝な気持ちは起きなかったけれど、もったいないな、と。

その瞬間吸っていた、あと数十本残っていたキャスターマイルドを捨てました。

以来今日に至るまで、一本も吸ってません。もう5、6年経ちますから、肺だってキレイになった、と思うのです。

ところが、ね。お酒は、止められんとです(なんで博多弁に)。サラリーマンですから、

夜のつきあい、ってのもかなりあって、実質ムリ。実を言うと、止める気はない。

ですけど、ここ数年はとにかく飲みすぎです。我ながら、日々のストレスをお酒のコントロールがうまくいかず、できれば美味しい酒と、肴で、今宵も愉快な宴に。が、仕事の話をすると、ついつい飲みすぎ、酩酊してしまってロクなことがない。

よく週に一度は、休肝日。ってなこといいますが、実はそれじゃ、ダメだって知ってました?肝臓でアルコールが最後まで分解するのに要する時間は48時間と聞いたことがあって(詳しく知っている方は教えてください)、とすると休肝日は2日連続で取らないと(本当に)肝臓を休ませたことにはならない。

今週ボクは挑戦しています。土日連続でお酒を飲まない。

あたりまえのように週末もお酒を飲んでると、何か物足りない。飲まなきゃならない、気分になってくる。ほんとに。

だから、なるべく他のことをして、お酒を意識しない(と余計気になるのが人間です)。

今日一日、禁酒。よっしゃ、一日の始まりだい。


posted by おつまみ at 09:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

荒れ放題の畑の恵みから、カラッと「夏の天ぷら」。

k0825moro.jpg
雑草ボウボウで、日照り続きで、仕事は忙しい続き。
しまいにゃキジが巣を作り、卵を産み落とすまでに、茂みに繁った、わが菜園ですが。

それでも、なかにはゲンキな野菜もいるんですね。

k0825ha.jpg

自然の恵!モロヘイヤ100%青粒

モロヘイヤに、シソ、バジル。それから、今期は最後のササゲ。
まだ虫にくわれていない葉を、ちょっとづつ収穫して、今夜は
「夏のかきあげ天ぷら」に挑戦だ。

k0825tenpura.jpg

いつもはシソを食べない子たちも、バジルを敬遠する子達も、
みんな美味しそうに食べていたなあ。たまたま上手にあがったのか、
やっぱり旬の野菜は、うまみが詰まっているのか。

とにかくよく食べてくれました。



posted by おつまみ at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

魚屋さんじゃないです『さくら水産』。

k0823takasimizu.jpg
首都圏にお勤めでしたら、なじみだよ、という方も多くいるんじゃないかなあ。

実は『さくら水産』、水産会社のような名前をした居酒屋さんです。
ここの凄味は、一にも二にも三にも、とにかく

激安メニューが勢ぞろい

していること。

それじゃ安いものをちょっと見繕ってみましょうか。

塩から100円、こはだ150円、チリあわび(何だかわからないけど)280円、生うにだって390円、さんま塩焼き190円、もずく酢150円、レンコンはさみ揚げ280円(手間かかってるよね)、まぐろあら煮は、おっとっとっとの80円、

極めつけは、ピリ辛こんにゃく、魚肉ソーセージ、それぞれな、なんと50円。どーです。

お酒もいってみましょうか。
生中420円は、まあ普通として、酎ハイ280円はけっこう安いかな。(ボクは飲みませんけど)カクテル、モスコミュール280円、ジントニック280円、カシスウーロン280円はどーですか。焼酎にいたっては、芋焼酎「白波黒麹仕込」280円、琉球泡盛「瑞穂」300円、うめぼし欲しけりゃ1ケ30円也。ボクの大好きなホッピーは、まずはセット(ホッピー+焼酎)で300円。おかわり焼酎(いわゆる“ナカ”と呼ぶやつ)は、たったの100円ですよ。

きょうは、ちょっと贅沢して写真のお酒、高清水460円をオーダー。
キレがよくて、やや辛口の秋田の銘酒です。おすすめしたいですね。

なんで、相当飲んで、食べたなあ、と思っても、お一人様3000円でお釣りがきます。

ボクみたいなのんべえが、言っているのだから、間違いありません。





posted by おつまみ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

たまたまササゲ入りわが家のハンバーグは“軽い”のが自慢です。

k0821kone.jpgk0821yaki.jpgk0821kansei.jpg
“軽いハンバーグ”とは、これいかに。量ったことはないけれど、わが家のハンバーグは、同じ体積であれば、他家のハンバークと比較して軽いであろうと、容易に想像がつきます。

なぜか。

それは、パン粉をふんだんに入れちゃうからです。このパン粉大量混入大作戦は、ひき肉をケチっているからとか、ウチが貧乏だからやっている、というワケではない。断じてない(ことにします)。

このハンバーグ、とにかく軽くて美味なのである(ことにします)。
パン粉を入れる時のポイントは、牛乳をちゃんと注いでふやかすこと。これに尽きます。それから、大体ひき肉200グラムにつき玉子(全卵)一個入れること。それから炒めたみじん切り玉ねぎを入れることも当然ですね。

じゃあパン粉の量は?残念ですが、ちゃんと計量したことがありません。
目分量ですけど、肉の体積の半量くらいは入れるでしょうか。

本日は、さらに畑で豊作のささげを茹でて、みじん切りにしたものも仲間に入れてみた。

とにかくそれらを全部ボールに入れてよく混ぜる。よく混ぜる。そしてよく混ぜコネル。
塩小さじ1、ナツメグ少々、オールスパイス少々、コショウ少々も忘れずにいれて、コネル。

腕も疲れたし、もいいか、と感じてきたら冷蔵庫にボールごと入れてタネを1時間ほど休ませる。そうすることで、タネが落ちつくのです。落ちつくってーのは、たぶん、少し冷えるのでタネのベタベタ感がシッカリ感に変わるってーことではないでしょうか。

さあ、成形と焼きの時間です。

ご存知空気抜きをしっかりやりましょう。丸めたタネを右手から左の掌に、こんどは左手から右手に。いわゆるひとりキャッチボールを数回やれば大丈夫。楕円型にして、火の通りをよくするために中央に少しくぼみを作ります。

フライパンにサラダ油は少々です。肉から油が出てくるので、少しでいいですよ。
中火で数分、ひっくり返してまた数分で、焼き上がり!

ここで終わり、じゃないのが“おつまみ流”です。

さあ、特製ソース(というほどじゃないけれど)を作りましょ。
肉汁残るフライパンに赤ワインを適量(100cc位かな???)入れて火にかけ、アルコール分を飛ばします。
くれぐれも最初にケチャップを入れちゃいけません。これしちゃうと、バッチバッチはねて大変なことに、なっちゃいますのでご注意ください。

アルコール分と水分を少し飛ばしたら一旦火を止めます。ケチャップをたっぷり、ウスターソースを少々、好みでコショーを入れて、再び火にかけ、トローリとしたらソースの完成。さっきまでのケチャップが、別人のように変わることウケアイです。

かるーいハンバーグ

ごはんのおかずに、おつまみに。かるーいから、いくつでも食べられますよ。


posted by おつまみ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おいしい『おつまみ』へは、こちらからどうぞ!
旨いもの探検隊

手作り本格韓国キムチショップ「恵ちゃんの家」

琉球黒麹もろみ酢

「おいしい!から始まる健康生活」ニチレイフーズダイレクト

■カカオ粉、粉寒天、ゼラチン完全無料配布中■

超特大エビフライ

厳選した農家からの宮古島マンゴー

新聞・雑誌に引っ張りだこ!

「揚げ足鳥」1日50食限定販売!

人気商品

Seesaaショッピング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。